BLOG

Anker Roav Dashcam A0 の取付風景2018.12.03

以前ドラレコやハンズフリーを取り付ける様子をブログにしたところ、意外とアクセスが多いです。
同業者さん?!に安全の輪が広がるといいなと思い書いています。

さて、今日は11/27に発売されたAnker Roav Dashcam A0を、早速2t,4tユニック達につけました。


前回のDashcam C1はシガーソケットからUSBの5V給電でしたが、こちらは12V/24V 対応。つまりシガーソケットからの配線が邪魔になる車でも、ヒューズボックスから取ることが可能です。※12/3時点で製品仕様に入力:5V=1.5Aとありますが誤植と思われます。

トラック系はベンチシートなので、シガーソケットからずるずる配線を横引きしたくないなと思っていたのでちょうどよいタイミングで発売されました。※ただし改造にあたるのでAnkerの18ヶ月保証はなくなりますし、自己責任で。

さて、届きました。

anker roav dashcam a0


配線を通すのでAピラーをはずしていきます。日野レンジャーですが、手すりに12㎜6角ボルト、わかりやすい。




とりあえず動作確認ですのでシガーソケットから電源取りましたが、助手席前のヒューズボックスを外して下見。アクセサリー電源からとらないと常時通電します。
現場で使っている車なのでこういう部分が埃っぽくなるのは仕方ない。




取付し動作確認。170度広角は広いですね。




今回のAnker Roav Dashcam A0、なんと税込6,999円でした。
この値段で18カ月保証、スマホアプリ(Wifi)対応、駐車監視機能付きはさすがAnkerという感じです。

昨年末から購入している新車には全部ドラレコを搭載していますが、以前の車両にも順次配備していきます。
 

Tags: