BLOG

【スタッフから】平成30年度も佐久市への移住には補助金があります!2018.03.28

以前こちらの記事でご案内した「佐久市移住促進サポートプラン」
平成30年度も使いやすくなって継続するとのことで、昨日宅建協会員向けに佐久市役所で説明会が行われました。

移住補助金



対象期間
平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

補助金交付額
– 新築物件の場合
新築物件の取得費用:最高40万円
プラスで、
中学生以下の扶養する子と同居する場合、扶養する子1人あたり10万円!

– 中古物件の場合
中古物件の購入費用:最高20万円+空き家バンク登録物件を購入した場合:一律20万円+物件の改修:最高10万円
上記に加えて、
中学生以下の扶養する子と同居する場合、扶養する子1人あたり10万円!

– 新幹線通勤
一人あたり年額最高30万円(最長3年間で最高90万円)
新幹線通勤定期券を佐久平駅で購入した者で、通勤手当額を控除した額の2分の1の額。

対象者
1.平成29年4月1日以降に、佐久市に転入し、佐久市の住民基本台帳に登録された方、または佐久市に転入される予定の方。ただし、転入の日から過去5年以内に佐久広域市町村の住民基本台帳に記録されたことがない方。
2.前住所地の市町村民税に滞納がない方。
3.新築または購入した住宅に5年を超えて居住しようとする方。

対象者の1ですが、昨年度の補助金は平成29年4月1日以降に転入し、平成30年3月31日までに新築または中古住宅購入をする必要がありました。
今年度の補助金は、昨年度に転入された方も対象となっているので、しばらく賃貸に住み様子を見て購入される場合でも、使い勝手がよくなっているのではと思います。

上記以外にも条件がありますので、詳細はお電話0267-82-2213またはコンタクトフォームにて木下建工不動産係までお問合せください。

Tags: