BLOG

【お得情報】佐久市への移住には補助金があります!2018.02.07

不動産でお問い合わせいただくなかに「浅間山がきれいに見える土地を探している」というご要望がちらほらあります。
伺うと都会から移住され賃貸で暮らしているが、佐久が気に入ったので土地を探し始めたとのこと。

そんな方向けに佐久市には「移住サポートプラン」という、「新築」「中古」「新幹線通勤」と3つの補助金があります!




新築物件の場合
新築物件の取得費用:最高40万円
プラスで、
中学生以下の扶養する子と同居する場合、扶養する子1人あたり10万円!

これは大きいですね。


中古物件の場合
中古物件の購入費用:最高20万円+空き家バンク登録物件を購入した場合:一律20万円+物件の改修:最高10万円
上記に加えて、
中学生以下の扶養する子と同居する場合、扶養する子1人あたり10万円!

これらの補助金、移住するのにあたっていきなり家を買わなければいけないと思っている方も多いようです。
そうではなくて平成29年度の場合、4月に県外などから引っ越ししてきて賃貸に住んでいても、同じ年度内に住宅を取得すれば対象になります。新築の「工事が年度をまたがないこと」という要件があり若干ハードルが高いかなと思いますが、中古物件をリフォームする方には使いやすそうな補助金ですね。


新幹線通勤
一人あたり年額最高30万円(最長3年間で最高90万円)
新幹線通勤定期券を佐久平駅で購入した者で、通勤手当額を控除した額の2分の1の額。

この補助金は結構認知度があるみたいですね。会社の上限額を超えた部分がカバーできるので重宝されているようです。


詳細は佐久市役所Webサイトをご確認ください。特に平成30年度以降では制度に変更などが生じる可能性もございます。

Tags: