NEWS

いえまわりプチ工事シリーズ1 塀の撤去2017.11.08

台風20号、21号と続き大荒れの天気が過ぎ去った後の先週末、ご近所の方から相談がありました。
度重なる強風のためか、普段住んでいない家の塀が倒れそうとのこと。

さっそくカラーコーンを積んで現場を見に行くと、たしかに老朽化した塀が倒れそうになっています。
瓦積みの立派な塀ですが、その分上部が重いようです。このままだと崩壊する危険性があるので、倒れないよう取り急ぎ応急処置。




通学路でなにかあってはいけないので、すぐに持ち主さんとお話しし、ご要望をヒアリング。
取り急ぎ崩れそうな部分を撤去しないといけませんが、家屋と一体となっており、住んでいないとは言え壁は塞ぐ必要があります。
費用対効果を考えて壁を塞ぎ、目隠しを設置するという方向でお見積、承諾いただき着手しました。

人力で解体していきます。




瓦はしっかりしたもの。将来的に再利用する可能性もあるのでとっておきます。




一旦崩壊しそうな部分の解体をし、壁塞ぎ等を行っていきます。




処置が終わりました。




工期目安: 1~3日程度(撤去する塀や新設の大きさによって異なります)
料金目安: 数万~30万円程度(撤去する塀の大きさ、新設のグレードによって異なるので、ご予算を伺って個別見積提案致します)

木下建工では特殊工事やミッションクリティカルな施設向け工事が普段は多いのですが、地元の東信地区エリア限定で個人の方からのご相談には、喜んでお伺いしています。

リフォームとも違う、こういったお困りごとは、意外とどこに相談すればよいかわからない方もいらっしゃるかと思います。
今月も何件か施工があるので、11月はいつもの工事進捗とは趣向を変え、プチ工事シリーズをお伝えしていきたいと思います。

Tags: