BLOG

【スタッフから】貞祥寺で佐久の酒と発酵食祭りに行ってきました2017.10.10

連休中、近所の貞祥寺にいくと石段の途中に見慣れない受付カウンターが。
「佐久の酒と発酵食祭り」が開催されていました。




せっかくなのでのぞいてみることに。入場料1,000円でお酒を飲む方は黒、ソフトドリンクの方は白いバンドでドリンク券1枚付き。




佐久地域の13蔵の「ひやおろし」が試飲できしその場で購入できます。





いくつか試飲しました。買ってその場で飲もうかなと思いつまみを物色。
フードは好評につき軒並み品切れだったようで、ランチボックスAだけがありました。ワインフェスなどとは異なり、その場で日本酒を買って延々飲むという感じではないのかもしれません。

ランチボックスA、おしゃれなパッケージ。




中には生ハムとボスケソチーズのカスクルート、福味鶏と地元のきのこのガランティーヌ、モンブラン。子どもたちが喜んでぺろりと食べていました。




奥の知客には看板が。ここは普段法事のときに入ったり、子供の頃祖母と正月に精進料理を頂いたりした場所ですが、どんなふうになっているのかな・・・




こんな空間になっていました。



コーヒーと日本酒のマカロンをいただきました。
マカロンは木下建工本社お隣の「橘倉酒造」さんにて地元の人気洋菓子店「ピータース」さんと共同開発したスイーツ。
コーヒーに合いとても美味しかったです。

ちょうどいい天候の中、貞祥寺の苔が美しく、バンドの演奏も行われておりロケーションの良さが印象に残るイベントでした。

貞祥寺は紅葉の名所としても知られています。
昨年、11月上旬で紅葉シーズンはもう終盤でしたが、撮影掲載許可をいただいて撮った写真は弊社Webサイトのトップページに使わせていただいています。どうしてもこの雰囲気を表現したく、撮影は写真家の坂口トモユキさんにお願いしたのでした。




写真は建築事業部のギャラリーにたくさん掲載していますが、ちょうど紅葉が綺麗になってきますので、足をお運びいただくのにおすすめのスポットです。

Tags: