NEWS

【土木事業部】スカイガーデン下ノ宮 造成工事開始2017.06.07

木下建工ではこのたび佐久市臼田の便利な住宅地に直営開発の分譲地「スカイガーデン下ノ宮」3区画を計画し、自社売主として造成することになりました。
本日から市道を通行止させていただき上下水道の引込工事を開始致しました。



「構造物・建築物の長寿命化を通じた循環型社会の実現」をミッションとする木下建工が、分譲地?!と驚かれる方がいらっしゃるかもしれません。
私たちは無秩序な宅地開発は抑制すべきであると考えています。郊外への居住区域の拡大は中心市街地の空洞化を招き、結果的に街の魅力が薄れるため資産価値が減少し、またインフラ維持費の増大によって将来の負担増につながります。

そのため木下建工ではこれまでも建築物のリノベーションや、解体工事を通じてコンパクトシティ作りに取り組んでまいりましたが、長きに渡って愛される建築物とは、建物だけでなくその立地が重要な要素となることを真剣に考えた結果、市街地の中で眠っている土地の活用を手がけることになりました。
お客さまにご納得いただける費用の範囲内で、長きに渡って愛される住宅地を作ってまいりますので、ぜひご期待ください。

大規模インフラ工事を直営で施工しておりますので、土地をお探しのお客さまには表面上の坪単価だけでなく、水道/下水道の引き込みや造成、場合によっては解体費用なども考慮に入れて最適な提案が可能です。
土地活用でお悩みのお客さまに対しては、土木と建築で豊富な経験を持つ木下建工ならではの提案を差し上げます。
ぜひご相談下さい。

Tags: