BLOG

秋の3日間インターンシップ開催の様子2018.10.19

木下建工では今週もインターンシップを行いました。
今回は高校生向けということで、保全事業だけでなく土木や建築も含めた幅広い内容で実施しました。

1日目 (2018/10/17)
1日目はいつもの建設業概要から始まり、インフラ再生についてまで説明。
その後、佐久建設事務所様発注 中佐都2工区の現場でドローン撮影を行いました。(写真は過去pic)




お昼をはさんで東信森林管理署様発注の内山林業専用道の現場へ。
コンクリート舗装について実習。
この日の最低気温は8度程度でしたら、これから寒くなるとのことで寒中コンクリートの養生などについても話しました。

内山林業専用道


2日目 (2018/10/18)
2日目はまず長野県建設部様発注の佐久合同庁舎耐震改修工事の現場へ。
現場見学をしました。




ひととおり現場を見たところで、本社に戻り仕事開始。
工事の周知用Webページを作ります!




初めてでしたがすんなりと出来上がりました。




3日目 (2018/10/19)
3日目も佐久合同庁舎耐震改修工事の現場です。
今日はグラウト注入を実習します。




注入場所とポンプが離れていましたが、無線を使わずに連絡役などをしていただきました。




今回のインターンは高校からの依頼に基づく職業体験でしたが、自由参加でしばらくの間、1日コースを毎月開催します。
土木建築学部以外の方OKですので、建設業って?長寿命化って?とお思いの方は是非下のバナーから申し込んでください。

Tags: