BLOG

【建築事業部】ヘルシーテラス佐久南 グランドオープン2017.07.08

いいお天気となった7月8日、中部横断自動車道佐久南インターチェンジ出入口付近に、道の駅 ヘルシーテラス佐久南 がグランドオープンしました。



加工体験室、軽食コーナー、レストラン、パン工房、その他遊具や砂場など様々な施設がありますが、この施設の目玉はやはり「特産品販売施設 ふるさと自慢館」でしょう。
地域の農産物や特産品を数多くそろえ、佐久の地元酒造13蔵の日本酒や地ビールも販売。また、静岡市や大船渡市などの佐久市友好都市の物産品も販売しています。





私が行ったときは佐久地方でさっき採れた野菜が並んでいました。
「健康長寿」がキーワードだそうで、地産地消的な側面もあり「循環型社会の実現」をミッションとする木下建工とも通ずるものがあります。



近所でとれた国産のにんにくやトマトが、この値段で買えるのってすごくうれしいですね。



木下建工のある佐久市臼田の名産品も並んでいました。



この建物、木下建工では建築(機械設備)を担当しました。工期や納まりなど神経を要する工事でしたが、直営の建築設備施工管理者と技能スタッフ、協力会社様によって3月には社内検査と竣工検査を完了しておりました。

空調や各種配管、機械類など、トイレ以外はお客さまの目から隠れる裏方の部分が多いですが、当然いつも通りきっちりとした仕事をしています。


オープン前は何度か訪れていますが、オープン後に来たら活気がありいろいろ買いたくなりますね。さっそくお米を量り売りしていただきました。その場で上白とかに好みに精米できます。精米したてがおいしいので小ロットで買えるのはうれしいです。



子供たちは都会育ちで精米を見るのも初めて。いろいろお店の人に質問していました。



プレオープン時に祝!竣工ということで信濃毎日新聞への広告も協賛致しましたので、ご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。



今後も木下建工では、高水準の施工能力によって、より地域社会に貢献できる企業となるべく取り組んでまいります。

Tags: