Environmental Policy

木下建工 環境方針
ENVIRONMENTAL POLICY



全社重点環境方針

木下建工株式会社は、人々が安心して快適に生活できるような安全で衛生的且つ便利な住環境を提供するべく、従業員一人ひとりが自らの事業活動における環境負荷の低減はもとより、より良い環境の創造に努め、経済の発展と環境の保全とが持続的に共生する社会の実現に積極的に取り組んで行く。

全社重点環境方針を実現するために、以下の具体的な方針を示す。


「環境法令・規制を順守し、自然環境を保全する」

・環境に関する国際条約、国内の環境関連諸法令・自主規制等を遵守し、地域社会や自然生態系に配慮し、汚染の防止に努める。
・法律は最低限の基本ルールであり、各作業場においてはより高い目標を策定し達成する。


「資源・エネルギーを効率的に利用し、循環型経済社会を実現する」

・資源・エネルギーの効率的な利用に関する情報の収集・提供や使用効率の見直しを行い、限りある地球資源の保全に努める。
・企業活動に伴って発生する建設副産物の有効利用に積極的に取り組む。
・コンクリート構造物の保全事業などをとおして、資源を再生し持続可能な循環型経済社会の実現に寄与する事業分野に積極的に取り組む。


「環境方針を周知・公表し、マネジメントシステムの継続的改善を進める」

・この環境方針を実現するために社内外に文書で公表し、従業員全員がこれを理解し実践できるよう、教育・啓発活動を推進する。
・各部門長以下、施工体制グループ毎に個々の目標を設定し、一人ひとりが積極的に取り組むなかで継続的に改善してゆく。


2003年6月1日制定
2005年6月1日改訂
2009年4月1日改訂

木 下 建 工 株 式 会 社
代表取締役  木 下 修